コーヒー&バニラ(7)【楽天kobo】

 

 

コーヒー&バニラ(コヒバニ) 7巻26話 みどころ

コヒバニ24話のみどころは

❤雪がリサにガツンというところ
❤リサを見守る深見さん
❤深見さんVS雪
❤悩める雪

みどころシーンはネタバレしてないので
漫画で読んでね(・∀・)テヘ

 

 

コーヒー&バニラ(コヒバニ) 7巻26話あらすじ

<<25話あらすじへ戻る

 

秘書の雪が
リサと深見さんの家に
泊まることになった。

<スポンサーリンク>



 

家が水漏れだという雪の理由を
リサは信じきっているようだけど
深見さんは騙されてあげないと言い、
氷のような冷たいフェイスで

どうぞご自由に

と、雪にけん制する。

 

雪は家事も深見さんの世話も
深見さんの体調管理も全てを
完璧にこなすことができて、
リサは自分のダメさに気づき
落ち込む。

 

深見さんはそんなリサと雪を見て

”これ”が目的か・・・

とつぶやく。

 

<スポンサーリンク>



 

リサが夕飯の買い出しに
街を歩いていると
綺麗な女性と歩いている雪に出会う。

 

その女性は、深見さんの会社が
お世話になっている企業の
ご令嬢だった。

 

雪はそのご令嬢に
リサのことを「自分のいとこ」だと
紹介する。

 

え?っと思うリサ。

 

ご令嬢がいなくなってから
雪はリサに
いとこだと紹介したことを
謝罪する。

 

そのご令嬢は
深見さんと縁談したいと言っていて
深見さんは断っているけど
でも雪は、そのご令嬢は深見さんの
結婚相手として
申し分ない相手だとリサに言う。

 

そのご令嬢が持っているモノは
社会的地位だけでなく
社長夫人としての教養・マナー
堂々とした自信。

リサには
婚約者として何があるか?
と問いかける。

 

よくお考えください
リサ様

 

<スポンサーリンク>



 

 

マンションに戻ったリサは
落ち込みながらも
雪の言う通りだと思う。

涙するリサ。

 

けれどリサは深見さんに甘えず、
祝福してもらえる婚約者になるために
着付けやお茶などの勉強を始める。

 

そんなリサを陰で見守る深見さん。

 

雪は深見さんに

いつものようになぐさめて
あげないんですか

と聞く。

俺のほてれる女は
そんなに脆くないから

と言って、そして

あの人によろしくな

と付け加える。

 

ゆきは、深見さんの
「あおの人によろしくな」という
言葉を聞いて、
雪が誰に命令されて
リサとの仲を壊そうとしているのか
深見さんにはお見通しだと確信した。

 

コヒバニ24話のみどころは

❤雪がリサにガツンというところ
❤リサを見守る深見さん
❤深見さんVS雪
❤悩める雪

みどころシーンはネタバレしてないので
漫画で読んでね(・∀・)テヘ

コーヒー&バニラ(7)【楽天kobo】

 

 >>27話へ進む

>>記事一覧へ進む

 

 

コーヒー&バニラ(コヒバニ) 7巻26話 感想

深見さんと雪の神回ですな
 (* ´艸`)

 

雪のことがお見通しな深見さんが
かっこいいし、
任務に徹しきれない雪もかっこいい。

 

この2人のやりとりは
ストーリー的にも
絵的にもかっこよくて
惚れます!! (*/∀\*)いやん・・・

 

深見さんVS雪はネタバレすると
カッコよさが半減するので
ぜひ漫画で読んでください。

 

 

 

 

コーヒー&バニラ(コヒバニ) を買うなら試しよみしてから

 
コーヒー&バニラ(コヒバニ) を買うなら試しよみしてから買うことができます。
どういった話なのかがまったくわからずに、表紙のイラストだけで漫画を選択するのは難しいです。いつでも試し読みができる電子コミックでしたら、おおよその内容を精査した上で購入可能です。
新刊が出版されるごとに本屋まで足を運ぶのは時間がかかりすぎます。とは言え、全巻まとめて買うのは内容がおそまつだった時の金銭的なダメージが大きいでしょう。電子コミックは読む分だけ買えるので、失敗知らずです。
漫画を手に入れるというなら、電子コミックのサイトで試し読みをしておく方が賢明だと思います。大まかなあらすじやキャラクターの風貌などを、購入前に確認できます。
電子書籍に限っては、知らないうちに利用代金がすごい金額になっているということが想定されます。しかし読み放題の場合は毎月の支払が決まっているので、読み過ぎても利用代金がすごい金額になることはありません。
無料アニメ動画というものは、スマホでも見ることができます。昔に比べてアラサー、アラフォー世代のアニメファンも増えていることから、これから以前にも増して発展していくサービスだと言えるでしょう。

スマホ上で見る電子書籍は、嬉しいことにフォントの大きさを自分好みに変えることができるため、老眼のせいで読書を敬遠してきたアラフォー世代以降の方でもスラスラ読めるという強みがあるというわけです。
電子書籍を買い求めるというのは、ネットを介して情報を取得するということを意味します。サービス提供企業が倒産してしまったら利用不可になってしまうので、間違いなく比較してから信頼のおけるを選びたいですね。
漫画をたくさん読みたいのなら、コミックサイトが便利だと言えます。決済も非常に容易ですし、最新巻を買い求めるために、その度に店頭で事前予約する行為も無用です。
利用者が急増中の無料コミックは、スマホを持っていれば読めるのです。通勤の電車内、休み時間、病院などでの順番が来るまでの時間など、いつでもどこでも超簡単に読むことが可能なのです。
連載している漫画は何冊も購入しないといけませんので、まず最初に無料漫画で読んでチェックするという人が増えています。やはりあらすじを知らずに書籍を買うというのは敷居が高いということなのでしょう。

電子コミックの拡販戦略として、試し読みが可能というシステムは優れたアイデアだと言えるでしょう。時間に関係なくあらすじを確かめられるので休憩時間を使用して漫画選びができます。
スマホを通して電子書籍をダウンロードすれば、職場までの移動中やコーヒータイムなど、好きな時間に楽しめるのです。立ち読みも可能となっていますので、店頭まで足を運ぶ必要など皆無です。
コミックのような書籍を購入したいというときには、ページをめくって確かめてから決断するという人の方が多いと思います。無料コミックなら、立ち読みするのと一緒で中身を確かめることが可能だというわけです。
スマホを持っていれば、電子コミックをすぐに読めます。ベッドに横たわって、眠たくなるまでのリラックスタイムに楽しむという人が多いのだそうです。
「スマホの小さい画面なんかでは読みにくくないのか?」と言う人がいるのも知っていますが、現実の上で電子コミックを買い求めてスマホで閲覧すれば、その使いやすさに驚くはずです。